スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶の出荷最盛期。

茶畑
京都、奈良、三重のお茶が最盛期を迎えています。
例年はGW前に静岡の初茶積みがテレビ等で紹介され始め
関西はGWの最中にスタートするのがパターンです。

しかし今年は春の寒さで新芽が育たずスタートは約1週間遅れたようです。
しかも京都南部は不運な事に出荷直前の時期に霜害にやられてしまい
新芽が出るのに更に時間がかかる畑も。。。

ある程度天候に左右されるのは仕方ないのかも知れませんが
例年よりも収穫量は多く見込めなさそうなので
せめて何とか良い価格で売れてもらえたらと祈るばかりです。。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

もっとおいしく安全なものを作りたい

流通と保存技術の飛躍的向上により、日本は食糧が有り余っています。
しかしその大半を輸入に頼る現状を鑑みて、本当に豊かな食糧事情といえるでしょうか。
自給率の低さを見れば明白な事実です。
過去、投機マネーから原油が暴騰しバイオエタノールの本格化によりとうもろこしが燃料のために増産され、その作付け拡大により肥料のりん酸や加里原が暴騰しました。
南米では主食のとうもろこしが燃料用に使用されたため、たちまち食糧難となり大きな問題になりました。
日本でも中国の保護政策もあり、輸入原料が高騰し農業の成り行きが危惧されました。
安価を求めるあまり、生産者は非常に厳しい現実と戦っています。
良いものが正しく評価されにくい現状に戸惑いを覚えています。
‘もっと美味しく安全な物を作りたい’
そんな生産者なら当たり前のささやかな夢をかなえるために当社は全力で応援したく思います。 

                            代表取締役 瀧川 真史
プロフィール

大協肥糧

Author:大協肥糧

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。